独自のアダルト情報を提供 XOCミュージック

  1. HOME
  2. 風俗嬢なら知っておきたい性病対策

風俗嬢なら知っておきたい性病対策

性病に対する正しい知識と予防方法を身につけよう

現在多くの風俗店が営業していますが
年々働く女性も増加しています。風俗嬢として働くにあたって
必ず知っておかなければいけないのが性病について。
性病とはキスを含めた性行為によって移ってしまう病気のことで、
風俗嬢として働く以上、常に感染するリスクがあります。
感染経路も様々あるので絶対に防ぐ方法はありません。
しかし正しい知識を身につけ予防と対策をすることで
感染する可能性を減らすことができます。
今回は代表的な3つの性病の症状と予防対策についてご紹介します。
・クラミジア
10代から20代の若い感染者が多く
日本国内で最も患者数が多いと言われる性病です。
女性の場合は自覚症状が無い場合が
ほとんどなので気付かずに性行為を行って
病気を広めてしまう危険性があります。
また、感染者とコンドームを使用せずに性行為した場合、
5~8割という感染率の高さを誇っています。
症状が進むとオリモノの増加や下腹部の痛み、
不正出血が現れてしまいます。
すぐに治療を行うことで一週間で9割を超える確率で
治るとされています。

落ち込む女性

・淋病
淋病は、淋菌によって起こる病気で日本では男性が掛かりやすい
性病とされています。
男性が感染すると淋病性尿道炎になってしまい
排尿時や勃起時に激しい痛みを伴うことがあります。
女性の場合は子宮頸管へ感染して子宮頸管炎になり、
痛みや出血を伴うことがあります。
こちらの性病も適切な治療を受けることで
高い確率で治るとされています。
・性器ヘルペス
単純ヘルペスウイルスと呼ばれるウイルスによって発症するもので、
患者数はクラミジア、淋病に次いで多いといわれています。
感染してしまうと痒みや痛みを感じるようになり
性器部分に水泡や腫れ、
ただれができてしまい徐々に症状が悪化していきます。
治療をすることで症状を抑える事ができますが、
現代の医療技術では完全にヘルペスウイルスを消滅させることは
不可能とされています。
一度感染すると抗ウイルス薬を使い
症状を抑え続けなければいけません。
代表的な3つの性病の症状と予防対策についてご紹介しましたが
如何でしたか?
風俗嬢として働くなら性病に関する知識を
身に付けなければいけません。
風俗で働く場合は性病検査を行っている
風俗店を選ぶ様にしましょう。